皮下脂肪を減らすには運動も重要だが食事にも気を付けよう!

頑固な皮下脂肪を効率よく減らすには、有酸素運動に加えて、筋力トレーニングをすると良いとされています。有酸素運動と違い、筋トレは脂肪の燃焼効果はあまりありませんが、筋肉を発達させるとともに、成長ホルモンの分泌を活発にさせます。成長ホルモンは、脂肪を燃やしやすくさせる作用があると言われており、有酸素運動・筋トレ・有酸素運動・・と交互に行うことで、皮下脂肪がグンと減りやすくなります。早く効果を出そうと筋トレに力を入れてしまうと、脂肪が減るよりも筋肉がつきすぎてしまうので筋トレのやりすぎには注意しましょう。皮下脂肪を落とすのに有効な有酸素運動と筋トレのほかに、糖質や脂質を控えた食生活もしているのに脂肪が減らないときには、からだの内側からアプローチする、漢方薬を飲んでみると良いかもしれません。防風通聖散には、基礎代謝をアップして、エネルギーの消費を促す作用があるので、皮下脂肪を減らす効果が期待できます。防風通聖散だけ飲んでいれば痩せられる、というのは間違いで、やはり運動でからだを動かしてエネルギーを消費することが重要なので、メインは有酸素運動で、プラスαで防風通聖散を取り入れると期待する効果が得られると思います。ヘルシーな食生活に変えることで、内臓脂肪は落ちやすくなりますが、そのほかにも、有酸素運動には内臓脂肪を落とす効果が期待できると言われています。ランニングなどの激しいものじゃなくて良いので、無理のない程度のウォーキングでもエネルギーの消費が促され、脂肪が落ちやすくなります。脂肪の中でも内臓脂肪は減りやすいですが、逆につきやすいものでもあります。だらけて運動をサボってしまうと、満足いく脂肪燃焼効果は得られないので運動をして汗をかくようにしましょう。皮膚のすぐ下につく皮下脂肪は下半身につきやすく、とくに女性はホルモンの影響などにより、男性に比べて脂肪がついてふっくらとした体つきになりやすいです。蓄積された皮下脂肪は落とすのが難しく、ダイエットしようという強い意志をキープするのも大変です。脂肪を減らすのに良いといわれているダイエットは、水泳などの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動を交互にして、たんぱく質、食物繊維が多めの食事、そして足やお尻などの脂肪が気になるところを重点的にマッサージすることを習慣付ければ段々「痩せた?」と聞かれる回数も増えていくことでしょう。ダイエットのために食事制限を設けるときは、急激に食べる量を減らしたり、炭水化物はもちろん、肉や魚も食べない野菜のみ、といった食事にすると、むしろ太る恐れがあります。食事内容がヘルシーなものへ一気に傾くと、栄養を逃さないようにからだに溜め込むようになるので、太りやすくなったり、ダイエット食を止めたらすぐ元に戻る恐れがあります。心身に負担がかかりすぎない程度の食事制限を心がけ、摂取カロリーより消費カロリーが多くなるように、有酸素運動を多めに行うようにしましょう。非常に落ちにくいことで知られる、皮下脂肪は、身体に負担になる程の運動や食事制限という無理なダイエットをしても痩せません。確実にお腹周りの脂肪を落とすために、ウォーキングなどの有酸素運動で代謝を良くして脂肪を燃やして無くす、それが身体に負担をかけすぎずに、そして確実に皮下脂肪を落とすことが出来る方法です。食べるものを制限するだけでは思うように痩せないので、定期的に有酸素運動をするようにしましょう。お腹周りの脂肪が目立つ、内臓脂肪がたくさんついてしまっている証拠です。高血圧や糖尿病、心筋梗塞などの原因にもなる内臓脂肪は、1日もはやく減らしましょう。ダイエットは難しいと思うと思いますが、内臓脂肪は比較的簡単に減らせるので、少し意識を変えるだけで簡単に痩せることができます。脂肪の燃焼がされるように、ウォーキングなどの有酸素運動をしてエネルギーの消費を促し、炭水化物や揚げ物を控え、野菜を多めに取り、たんぱく質や食物繊維を積極的に摂るようにすると、すぐに結果が出てくるでしょう。食事制限のほかにも、内臓脂肪を減らすために運動を取り入れたいときは、毎日歩くことをオススメします。日々の日常生活に取り入れやすい運動ですし、犬の散歩をいつもより長くすることでウォーキングを取り入れることが出来ます。ここで重要になってくるのが、ただ歩くだけでなく、背筋をピンとさせて、足もしっかりと上げて早めに歩くことです。早歩きを続けることで心拍数が上昇し、脂肪の分解・燃焼が始まります。最低でも30分は歩いていないと、脂肪の分解や燃焼は始まらないので、ウォーキングをした時間を計測すると良いですね。時間をかけてついていく皮下脂肪は、そのままにしておくとセルライトといって、皮膚の表面をボコボコさせるものへとなってしまいます。脂肪に老廃物などが合わさって出来たものがセルライトで、セルライトは落としにくいので厄介なんです。下半身を中心に出来やすいセルライトは、マッサージはセルライトを除去するのに一番有効な方法です。下から上へ、が基本のマッサージで、足の裏を忘れず揉みほぐし、次にふくらはぎ・太もも・お尻の順番でしっかり下半身をマッサージしましょう。入浴中やお風呂上がりは血行が促進されていて、マッサージに最適です。皮膚のすぐ下につく皮下脂肪、内臓にはりついた内臓脂肪など、脂肪が皮膚のすぐ下か内臓についているのかが違うと、いざ運動や食事制限を始めても、脂肪が落ちない、ということがあります。一番頑固と言われている皮下脂肪は落ちにくいので、結果が出るまでに時間がかかります。2週間後までに目標体重にしようとダイエットしても、思うように体重が落ちずにイライラしたり、ダイエットを続ける気力すら無くしてしまうこともあるので、皮下脂肪を落とすには短期間で結果を出そうとせず、日々の生活にウォーキングなどを取り入れると良いです。痩せるために身体をたくさん動かしている、という努力家の方って多いです。その運動にプラスαのことをするだけで、厄介な脂肪も減りやすくなります。筋力トレーニングを、エクササイズの前に行うようにしましょう。筋力トレーニングを最初に行うことで、からだの中で内臓脂肪や皮下脂肪の脂肪細胞が分解されやすくなるので、脂肪燃焼がより一層進みます。下半身の脂肪を燃やしやすくする筋トレは、オススメな筋トレは、スクワット、レッグレイズ、プランクなどです。内臓脂肪は、内臓につく脂肪なのでお腹周りだけが他の脂肪と比べてつきやすいですが、落ちやすいのです。内臓脂肪は男性につきやすく、さらに万病の元とも言われています。内臓脂肪をそのままにしておくと、血栓症や動脈硬化、高血圧や糖尿、心筋梗塞など、命に危険が及ぶ病気を引き起こす恐れがあります。病気知らずの健康体でいるためにも、ついてしまった内臓脂肪は生活習慣を改め、定期的な運動を習慣づけることで、凹んでスッキリしたウエストを手に入れることができます。昔はついていなかったのに、増えてしまったお腹やお尻、太ももなどのお肉は皮下脂肪というもので、落としやすい内臓脂肪と違って、落とすのが大変な脂肪です。昔の体型に戻すのに、良いとされているのはウォーキングなどの運動ですが、なかなか運動をする時間を取れないという方にはオススメしたいのが「ドローイン」というエクササイズです。やり方は簡単で、寝転がって上を向き、膝を立てます。そして、息を吐いてお腹をギュッと凹ませます。ひとつ気をつけたいところが、床についている腰と背中が、押し付けられる感じでやるようにしましょう。脂肪は、ついてしまったら落とすのに相当な時間がかかると思われがちですが、内臓につく脂肪である内臓脂肪は、比較的落としやすいです。食べ過ぎや高脂肪が原因でつく内臓脂肪を落とすには、日々の生活を改めることで改善することが出来ます。日々の晩酌が止められない人は、量を減らしたり、飲まない日を設けたり、揚げ物ばかり食べてしまう人は量を減らして、その分サラダを多めに食べる、など生活習慣の見直しによって、近い将来発症するかもしれない高血圧や糖尿病のリスクを高める内臓脂肪を確実に減らすことが出来ます。ネット広告でよく見かける痩せ薬を試してみたい、という人も多いと思います。体重が一気に落ちて、痩せ過ぎ注意!とか、ダイエッターの人には魅惑の薬かもしれません。しかし、そういった薬や副作用が出ることが多く、痩せる代わりに不健康になってしまう恐れがあります。運動や食事制限でもなかなか痩せないとジレンマに陥っている方は、漢方薬を頼ってみると良いと思います。意外かと思いますが、ダイエットにも漢方薬は効果があり、基礎代謝をアップさせるものや、体内の余分な水分を排出する作用もあり、痩せやすいからだを作ることができます。副作用の心配もほとんどありません。

基礎代謝が落ちている時に飲むと良いのが防風通聖散ですね。防風通聖散は医薬品で肥満症や内臓脂肪・皮下脂肪が多い方におすすめのダイエットのお薬です。漢方薬ですので効果は比較的緩やかで副作用も少ないのが良いですね。ですが効果には満量処方や1/2処方などがあるので強さは選ぶ必要があります。

私はEGタイトピュアを飲んでいますが2/3処方でちょうど良いと感じています。お世話になってるサイト>>>>>EGタイトピュア【防風通聖散】の口コミ・効果

体脂肪を落として美ボディを保持するには?

ダイエットの正しい方法をご紹介しておくと、ある程度は食事を制限しつつ、その間は精力的に筋肉トレーニングを行い、筋肉をいかに減らさないかが重要です。さらに、有酸素運動を加えて脂肪をエネルギー源にし、体脂肪だけが落ちれば大成功です。

 

これが美ボディを作るための理想の形です。分かりやすくおさらいしておくと、筋肉トレーニングと並行して、食事制限と運動をプラスして、要らない脂肪だけを燃やすということです。なぜ私たちは年齢を重ねると太るのか?これはトレーニングなど何もしないで過ごしていると、年をとるに連れて筋肉量が減り、比例するように基礎代謝も減少するので若いころと同じ量の食事では、食べたエネルギーが使いきれずに残ってしまい、余ったエネルギーを体脂肪として貯蓄してしまうからです。

 

体が重くなると疲労度が増し、日々の活動にも影響が及び電車でも立っていられなくなるともう終わりですね。有酸素運動中はどのようにエネルギーが供給されるのか覚えておく事も重要です。最初の20分程は糖質がエネルギーとして使われます。ですが、20分程度を境にアドレナリンの分泌量が上がり、脂質を燃焼し始めます。食事制限でも体脂肪は減りますが、筋肉を減らしてしまう可能性があるのに対して、有酸素運動は正しく行えば体脂肪を上手に減らしてくれます。付け加えると、食事制限を行う場合でも、筋トレは欠かさないようにしましょう。筋肉の減少を食い止めることはできないので、筋トレで現状をキープすることが不可欠です。筋肉は何気ない日常生活においてエネルギー、カロリーを使ってくれる大切な存在です。

 

 

そこで大切になってくるのは筋肉トレーニングですね!筋肉が増えると同時に日常生活で消費するエネルギーも増え、楽に痩せられる体質になります。しかし、食事制限だけで痩せたとしましょう。エネルギー源が脂肪だけでなく、筋肉成分も消費するので、筋肉が痩せてしまいます。一度減った筋肉は元に戻すのは大変です。だから、筋肉は減らさずに、脂肪だけを減らすことが重要です。上手に体脂肪を落とすためには、食事がポイントになります。

単にトータルのカロリーを減らすだけではなく、糖質量の管理が重要です。糖質が不足すると、筋肉からエネルギーを得ようとするので、糖質を減らそうと努力しがちですが、糖質不足は逆効果です。抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、この矛盾した考えが体脂肪を減らすコツの一つなんです。糖質が多いと感じているなら減らす努力も必要ですが、減らしすぎはNGという事ですね。人の脳では1日に120gの糖質が使われているようです。糖質の供給が滞りなく行われている間は、筋肉の分解はありません。それに加えて血球もブドウ糖を要求するので、1日当たり180g程度の糖質を摂るのが理想です。ご飯を茶碗に1杯、またはコンビニおにぎり1個を食べると糖質60g程度になります。六つ切りの食パン1枚でおよそ25g程度の糖質量です。細かく言えば他の食材でも糖質は摂取していますが、主食として食べるものの、糖質の目安は、朝食パン1枚、お昼に茶碗1杯のごはんを食べるのが理想です。

酵素ドリンクやサプリで基礎代謝を高めることは大切なこと

酵素ダイエット実行中は、アルコールは止めておく方がいいでしょう。飲酒によって何が起こるかというと、肝臓が消化酵素を大量分泌してアルコールを分解しようとするのですが、このせいで酵素ダイエットはうまくいかなくなります。アルコールを摂ってはいけないという、もう一つの主な理由は酔う程に変に調子に乗ってしまい、暴飲暴食につながることも多いです。なるべくなら酵素ダイエット中の飲酒は止めておくか、難しければ口をつける程度に抑えましょう。酵素ダイエットからの回復食に適した食事メニューは、味噌汁やお粥などの低カロリーであり、消化しやすいものです。当然ですが、食事の量も考えなければなりません。さらに、ベビーフードを利用することもお勧めします。市販されているベビーフードを利用してみれば、楽チンで、カロリーが低く、消化もしやすいです。さらに、噛む回数を増やして時間を使って食べるようしてみましょう。よく行われている酵素ダイエットの方法は、酵素ジュースとプチ断食の組み合わせです。具体的にはプチ断食に伴う空腹感の対策として酵素ジュースを使うもので、つまりお腹が空いても酵素ジュースを飲むことで、空腹感を抑えることが可能ですので、だいぶ楽にプチ断食を続けていけます。それと、毎朝の一食を抜きただ酵素ジュースを代わりに飲むという方法も簡単なので続ける人は多いです。他に、酵素サプリを携帯して随時利用して効果的に酵素を摂りこむ人も多いです。酵素ダイエットの落とし穴とも言えますが、よくある失敗例としては、酵素をじゅうぶん摂っているから大丈夫だろうという思い込みから、普段より食べる量が増えてしまったというケースです。それから、これもまた人気の高いプチ断食と並行させて複合ダイエットを行なっている時に、急に三食ちゃんと食べる生活に戻すと、高い確率で失敗してしまいます。酵素ダイエットのデメリットとして、失敗してしまうと代謝能力の高まりが影響するのかどうか不明ながら、太りやすい体質にかわるケースもあり、覚えておいて、気を付けたいものです。授乳中でも酵素ダイエットを行なうことは可能ですが、しかし、プチ断食を併せるのはどうか止めておいてください。赤ちゃんにしっかりと栄養を届けるため、授乳期はのんびりプチ断食など行なわずにせっせとカロリーを摂るべきで、酵素ダイエットを考えるなら通常の食事に加えて生野菜や果物を摂り、そうして補助として酵素ドリンクやサプリを使用してみましょう。こうして酵素を多く摂ろうと工夫するだけであっても良いダイエットの効果は得られるでしょう。ご存知でしょうか、実は酵素ダイエットというのは口コミ情報として広まっていった痩身方法だといわれています。やせられた上に体の調子が良くなった、薬に頼っていた程重い便秘が治った、ウエスト周りの贅肉が減ったといったように、酵素ダイエットの良い効果について大勢の人が情報をあげてくれています。しかしながら、それらの中には酵素ダイエットに失敗した人の声もあり、皆が皆、酵素ダイエットに成功しているわけではないとわかります。なるべく方法や理論を知っておき、無理解から失敗したりしないよう注意します。最も酵素ダイエットで痩せる方法は、夕食を酵素ドリンクにするのを少なくとも1ヶ月やることです。理想とする体重まで減らすことができても、急にダイエット前の食生活をまた始めてしまうのではなく、摂るカロリーを減らした消化の良い食事にしましょう。また、酵素ダイエットを終わりにしたとしても毎日きっちりと体重を計り続けて、うっかりリバウンドしないようにすることが重要なことです。酵素ダイエットにプラスして運動も行うと、ダイエットがより効果的になるでしょう。運動と聞くと辛そうに思えますが、ウォーキングやストレッチくらいのもので良いのです。筋肉がなくなってしまわないように適当に身体を動かすようにしましょう。軽めの運動を行うと、自分の理想の体に近くなっていきます。ですが、激しい運動は身体に負担がかかり過ぎてしまうため、つらくなくできる運動にしてください。酵素ダイエットはその効果の高さで知られ、それではどういった効果があるのか見ていきますと、便秘体質が改善される、肌が美しくなる、そして健康な体を得られる、などでしょう。便秘が改善されると、わかりやすく体重が落ち、むくみもなくなり肌の状態はかなり良くなるでしょう。体内に不要な老廃物をさくさくと出せる体質に変わっていきますから、それが健康の促進と維持につながります。つまり効率よく体重を落とせてその上、健康的な美しさが手に入るというのが、酵素ダイエットの神髄と言えるでしょう。酵素ダイエットは朝食を酵素ドリンクや野菜、果物などに置き換えるようにすると続けやすくなります。しかし、最も効果があるのは、晩御飯を酵素を多く含んでいるドリンクや食べ物に置き換えてあげることでしょう。夕食は一日の食事の中で最も多くのカロリーを摂るケースが多いため、ダイエットがより効果的になります。とは言っても、すぐ続かなくなってしまうのが短所と言えます。芸能界の中にも酵素ダイエットを行って首尾よく成功した人が大勢いると噂されています。酵素ジュースを利用して置き換えダイエットを敢行した浜田プリトニーさんは2ヶ月半の間に10キロもの減量を成功させました。それから髭男爵の山田ルイ53世さんのケースでは夕食を食べる代わりに酵素ジュースを摂る方法で減量に成功、これまた42日間に18.8キロというなかなか凄まじい減量結果を出しています。また、ほしのあきさん、紗栄子さんがどうやら酵素ダイエット中かもしれないなどと言われているようです。喫煙者であっても、酵素ダイエットを行っているときはなるべくタバコを吸わないようにしてください。積極的に酵素を摂ったとしても、タバコを吸うことで、数多くのタバコに含まれる有害物質を体から排除するために利用されてしまいます。喫煙は肌に悪い影響を与えてしまうので、かかりつけ医などと話しながら禁煙した方が良いでしょう。今人気の酵素ダイエットですが、これは身体に必須の栄養素として研究が進められている酵素を積極的に摂るようにして、無用な老廃物を身体から排出させるなど、代謝機能を高めてその状態をキープすることで、それがダイエットになります。酵素入りジュースや酵素サプリを飲んで酵素ダイエットを始める人が多いのですが、これと一緒にプチ断食をすると大きな効果を出せることがわかっています。酵素を豊富に含む食物は生野菜や果物です。これらを食べて、少なくとも生きるのに必要な分の酵素は摂れています。効果の高さで長く注目されている酵素ダイエットの具体的なやり方なのですが、要するに酵素を多く身体に摂りこんでその力を借りるダイエットで、酵素の摂り方は色々です。生野菜や酵素ドリンク、または酵素サプリメントも使ってこれらの組み合わせで行なうダイエット方法なのです。無理のない自然なやり方を継続できればそれがベストですから、どうか自分なりの方法を見つけてみてください。短い期間で効果的に体重を落としたいなら、朝の食事を酵素食品、ジュースでもいいし生野菜や果物でもかまいませんが、これらに置き換える方法を試してみてはいかがでしょうか。普通のダイエットで部分痩せできることはあまりないようですが、酵素ダイエットを進めていきますと、それにつれ大抵の場合に足痩せ効果も出てくるようです。どういう仕組みかと言いますと、酵素ダイエットを行なうと、代謝機能の高まりによって体内の老廃物がどんどん出されて、このため余分な脂肪が蓄えられることがなくなりますし、取れにくい下半身のむくみも解消され、そもそもむくみにくい体質に変わってきます。そうやって、足痩せが実現します。ですけれど、足痩せ効果をよりはっきりとしかも短期間で得たい場合、適度なマッサージやエクササイズといった物理的なアプローチも行なっていくことをおすすめします。

筋肉が減ってしまうと体は節約するようになる!

一度筋肉が減ると体は少ないエネルギーでやりくりするようになります。いつもと同じ食生活を送っていても、太ってしまうことが有り得ます。

 

そこで食事制限を続けて体重を減らしても、脂肪だけでなく大事な筋肉がさらに減ってしまい再び元の体重に戻しても筋肉がさらに減っていて、脂肪の量が増えてしまうため体脂肪が増え続けてしまう。間違ったダイエットは返って悪い結果を生み出してしまうんですね。人の体は食べたものと運動した結果で出来ています。

 

細マッチョをキープしている健康的な人は、間違いなく太らない生活習慣が身についていて、わずかな空き時間でもトレーニングをしたり、日々良く動く癖がついており、食事の量は変えなくても夜を減らし朝と昼の量を増やしてバランスをとっています。大事な部分をおさらいすると、人の体は食べたものと運動した結果で出来ているという事です。エネルギー量を消費したエネルギーが上回れば必ず痩せます。脂肪が多いからと言って諦める必要はありません。脂肪だけでなく、筋肉もあるからです。体脂肪が筋肉を隠している状態で、密かに筋肉が多い場合もあります。だから痩せれば筋肉があって、見違える程体のラインが変化します。では、食生活を改善する必要があるのか?本当はそうではありません。食事の管理は非常に重要ですが、筋肉量は減らさないほうが良いんです。血糖値を下げる為に糖質を制限するのは間違いではありません。そうすると、肝臓に貯蔵したグリコーゲンを使わざるを得なくなります。グリコーゲンの蓄えは、320kcal程度なので、直ぐに無くなってしまいます。

 

 

しかし、脳や血球は、ブドウ糖、糖質が唯一のエネルギー源です。そういう理由で、絶え間なく補給しなければなりません。ではどうやって補給するのか?それは、肝臓のグリコーゲン残量がわずかになると、筋肉から糖を作る糖新生というのを行うんです。これは筋肉を切り崩して、ブドウ糖へと変換します。

 

 

つまり、糖質制限が行き過ぎると、先に筋肉が減ってしまうので、健康的な痩せ方にはならないわけですね。摂取カロリーとは飲んだり食べたりしたもののカロリーの合計値。当然お酒やおつまみも含まれます。当たり前の事ですが私たちの体は飲食したもので出来ていて、カロリーの収支はお金のやりくりとよく似ていて、カロリーを沢山消費すれば痩せます。

 

例えば基礎代謝を固定給とするならば?

基礎代謝を固定給とするならば?運動による消費カロリーはボーナスのようなものですね。お金を貯めるのに魔法は通用せず、ダイエットにも奇跡や偶然はありません。おにぎり1個の摂取カロリーは概ね200kcalで、30分ウォーキングしないと消費できません。あなたはどっちをえらびますか?糖質制限で得る効果は、糖質を取ると分泌されるインスリンという肥満原因物質が分泌されにくくなる点です。インスリンには「肥満ホルモン」という別名があり、とりすぎてしまった糖質を脂肪吸収させる働きがあります。それこそが太る原因だったのです。

 

そして、運動や普段の生活でエネルギーを使う時に、糖質が最初に使われ、糖質が無くなると脂肪が使われるので、糖質を抑えておけば脂肪の消費量が増え、痩せるという仕組みです。私たちが日々の生活で消費するカロリーは「基礎代謝」「身体活動」「食事誘発性熱産生(DIT)」、この3つの合計で決まります。生命活動の維持に欠かせないエネルギーを基礎代謝と呼び、寝ているだけでも基礎代謝によりカロリーを消費しています。身体運動とは、その名の通り体を動かした時に消費するカロリーの事で、筋トレやランニング、掃除・洗濯・買い物など、動くことは全て含みます。DITは、食事を摂ることで消化器官の働きが活発になり、その後数時間代謝が高い状態が続き、体が熱を発生させること指します。トレーニングで筋肉量をアップさせると、基礎代謝が増え、日常生活における脂肪燃焼もアップします。また筋肉量増加に伴い活動代謝もアップします。活動代謝量の増加はエネルギッシュな生活につながり、消費カロリーをアップさせます。また、トレーニングで強い刺激を与える程、運動中は糖質をエネルギー源としますが、運動後は脂肪燃焼が進むので安心して大丈夫です。

 

負荷の強い筋トレの後は糖質が不足するので、直後にブドウ糖や果実を補給し、減少した筋肉中のグリコーゲンを補充しましょう。カロリーって一体何かご存知ですか?カロリーとは栄養学におけるエネルギーの単位のことです。1gの水の温度を1度上昇させるのに必要な熱量のことです。人が摂取する栄養素は、「糖質」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」、この5種に分けられます。これが人体に欠かせない五大栄養素なのです。このうち、エネルギー源として働くのは「脂質」「タンパク質」「糖質」です。この3種は1g当たりのカロリーが異なり、正確に覚えておく必要はありませんが、脂質が、糖質・タンパク質の2倍以上のエネルギーであることは頭に入れておきましょう。