体脂肪を落として美ボディを保持するには?

ダイエットの正しい方法をご紹介しておくと、ある程度は食事を制限しつつ、その間は精力的に筋肉トレーニングを行い、筋肉をいかに減らさないかが重要です。さらに、有酸素運動を加えて脂肪をエネルギー源にし、体脂肪だけが落ちれば大成功です。

 

これが美ボディを作るための理想の形です。分かりやすくおさらいしておくと、筋肉トレーニングと並行して、食事制限と運動をプラスして、要らない脂肪だけを燃やすということです。なぜ私たちは年齢を重ねると太るのか?これはトレーニングなど何もしないで過ごしていると、年をとるに連れて筋肉量が減り、比例するように基礎代謝も減少するので若いころと同じ量の食事では、食べたエネルギーが使いきれずに残ってしまい、余ったエネルギーを体脂肪として貯蓄してしまうからです。

 

体が重くなると疲労度が増し、日々の活動にも影響が及び電車でも立っていられなくなるともう終わりですね。有酸素運動中はどのようにエネルギーが供給されるのか覚えておく事も重要です。最初の20分程は糖質がエネルギーとして使われます。ですが、20分程度を境にアドレナリンの分泌量が上がり、脂質を燃焼し始めます。食事制限でも体脂肪は減りますが、筋肉を減らしてしまう可能性があるのに対して、有酸素運動は正しく行えば体脂肪を上手に減らしてくれます。付け加えると、食事制限を行う場合でも、筋トレは欠かさないようにしましょう。筋肉の減少を食い止めることはできないので、筋トレで現状をキープすることが不可欠です。筋肉は何気ない日常生活においてエネルギー、カロリーを使ってくれる大切な存在です。

 

 

そこで大切になってくるのは筋肉トレーニングですね!筋肉が増えると同時に日常生活で消費するエネルギーも増え、楽に痩せられる体質になります。しかし、食事制限だけで痩せたとしましょう。エネルギー源が脂肪だけでなく、筋肉成分も消費するので、筋肉が痩せてしまいます。一度減った筋肉は元に戻すのは大変です。だから、筋肉は減らさずに、脂肪だけを減らすことが重要です。上手に体脂肪を落とすためには、食事がポイントになります。

単にトータルのカロリーを減らすだけではなく、糖質量の管理が重要です。糖質が不足すると、筋肉からエネルギーを得ようとするので、糖質を減らそうと努力しがちですが、糖質不足は逆効果です。抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、この矛盾した考えが体脂肪を減らすコツの一つなんです。糖質が多いと感じているなら減らす努力も必要ですが、減らしすぎはNGという事ですね。人の脳では1日に120gの糖質が使われているようです。糖質の供給が滞りなく行われている間は、筋肉の分解はありません。それに加えて血球もブドウ糖を要求するので、1日当たり180g程度の糖質を摂るのが理想です。ご飯を茶碗に1杯、またはコンビニおにぎり1個を食べると糖質60g程度になります。六つ切りの食パン1枚でおよそ25g程度の糖質量です。細かく言えば他の食材でも糖質は摂取していますが、主食として食べるものの、糖質の目安は、朝食パン1枚、お昼に茶碗1杯のごはんを食べるのが理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です